2014.10.10 | 御園生大地 写真加工やWebサイトデザインなどで使用するPhotoshopですが、画像補正やグラフィック作成などの合成処理では、画像の選択範囲を自由に取れるようになるというのがPhotoshopで画像補正や合成を勉強する上での基本となります。 当連載は色調補正の連載ですので、選択範囲についてお話するための機会は限られているのですが、あと1回だけ、選択範囲の作成方法についてお話させていただきたいと思います。 それが、「クイックマスク」「自動選択ツール」「焦点領域」です! Photoshopで【トーンカーブ】を使って色調補正する方法を初心者向けに解説した記事です。トーンカーブを使用すると、画像の色や明るさを細かく調整することができます。編集例も紹介しているので、ぜひ自分で試してみてください。 事前に選択範囲を作成しなかった場合と異なることに注目して下さい。 同時に、色調補正パネルがアクティブになるので、必要な設定をします。 写真画像が補正されます。 今回のように、事前に選択範囲を作成後、 調整レイヤーを作成した場合、 Photoshop 色調補正ゼミナール 「画像マスク」を使って選択範囲を作る. Photoshopの「調整レイヤー」を初心者の方でも分かるように解説。調整レイヤーをコピー、結合したり「クリッピングマスク」で真下の画像にだけ色調補正をかける方法などをまとめています。 選択範囲がつくれたらさきほど紹介した色調補正での色の置き換えをおこないます。(「イメージ」→「色調補正」→「色の置き換え」) 色を決めたらokをおします。 色が置き換わりました。↓ この記事では、フォトショップの作業ワークフローに加えることで、時短となる小技テクニック25個をまとめてご紹介しています。過去に紹介したテクニックから、新しくPhotoshop CCに追加された機能、さらには隠しコマンドまで、時間短縮を目指したツールの使い方を習得することができます。 今回は選択範囲の基本についてご紹介します。 選択範囲はPhotoshopを使う上で欠かせません。 Photoshopでは選択範囲を使いこなすことで、精密に意図した部分のみに加工をすることができます。 精密に加工できることでクオリティの高い修正や制作が可能となります。 今回紹介する選択範囲の作成法は、画像マスクを使った方法。調整する写真そのものをマスクの白黒画像に利用して、選択範囲作成の最短距離を目指す。 続きを読む. Photoshop 色調補正ゼミナール ... 実際、パスで作った選択範囲から色調補正を行なうと、仕上がりが美しい場合が多いです。でも、当連載では「パスの使用は最小限でOK」で良いことを、お … Photoshopにおいて「選択範囲」とは、何か? 「画像に何か操作を行なう時」に、結果が「特定の部分だけ」にかかるように「範囲」を区切ってあげることを指します。 「それって、色調補正の連載に必要なのだろうか? 【Photoshop基本操作】色調補正とは、画像データをイメージどおりに調整することです。でも、「どのツールを選べばいいの?」とか、「使い方がわからない」と思っている人も多いはず。スライダーをいじくる前に、ほんのちょっと、色調補正のポイントや原理を知っておきましょう。 連載第15回目の今回は、選択範囲作成に関するお話の最終回です。「クイックマスク」「クイック選択ツール」「焦点領域」を使った選択範囲の作成方法についてお話させていただきたいと思 …