プラチナを傷付かないと解釈してる人が多いですが、18金と一般的流通のプラチナ900では硬度だけを見れば18金の方が堅いです。金属や作り方の特性を知り、結婚指輪に使う金属の硬度を解説します。 プラチナの傷もキレイになる? 指輪・結婚指輪のお手入れ・クリーニングガイド! プラチナの傷もキレイになる? 関連カテゴリ: 結婚指輪(マリッジリング), 婚約指輪(エンゲージリング) 更新日: 2018年4月16日. プラチナの結婚指輪に傷がついてしまったら、傷消しをしてもう一度指輪の輝きを取り戻したいと考えるものです。 大切な結婚指輪に傷が付くと、なんだか悲しい気持ちになってしまいますよね。 ここでは、プラチナに指輪についてしまった傷を自分 結婚指輪に使われている素材、金属は、プラチナ、イエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールド、シルバーとありますが、欧米で人気があるのは、クラシカルなイメージ・雰囲気を持つゴールド系です。 しかし、日本に限るとプラチナが最も多く使われていて、人気の高い素材です。 プラチナとゴールドの結婚指輪ではどちらが硬さがあるのでしょう? イメージ的に私なんかはプラチナのほうが硬いという感じでした。 しかし、ゴールドのほうが硬いんですね。 どちらの素材も一生ものではあるんですけど、 ジュエリーとして一番優秀な金属は18
結婚指輪を作る時に多くの人が悩むのが指輪の素材です。日本ではプラチナを選ぶ方が多く、ヨーロッパやアメリカではゴールドが一般的だと言われています。プラチナの方が高価だし良い素材なんでしょっって多くの方が考えていると思いますし、自分もそう考えていました。
結婚指輪はずっと身に着けるもの? それとも家に帰ったら外すもの? どうやって身に着けるものか、意外にしらないのが結婚指輪。そこで、この記事では結婚指輪の正しい身に着け方についてご紹介!