続いて同じように簡易書留として10通出すとします。 その時にかかる郵便料金は430円×10通で 4300 円です。 なんと!5倍近く違うんですね! しかしまぁ、簡易書留を一般の人で10通も出す人はそうそういないと思いますが。 簡易書留は受け取りの印鑑を押す、またはサインをすれば受け取ることができます。 このとき受取人は、簡易書留の受理の確認を求められます。 配達日から7日以内に受け取れなかった場合は、郵便物は差出人に戻されます。 書留郵便物など手渡しせず配達 緊急事態宣言の7都府県 nhk_news. 「書留」や「簡易書留」を利用したことはありますか。両者の違いはわかりづらいのではないでしょうか。実は、「書留」と「簡易書留」は4つの点で異なります。そこでこの記事では、両者の4つの違いについて解説します。 簡易書留の書き方は難しくありません。 ポイントはただ1つ、『簡易書留』と赤で記入することです。一般的な郵便物と同様に送り先住所と宛名を書き、自らの住所・氏名を記します。 次に宛先面の左下に『簡易書留』と赤で記入、これだけです。 対象になるのは一般書留や簡易書留、それにゆうパックなどの荷物です。 書留には簡易書留・現金書留・一般書留等の種類があります。「これ、書留で出しておいて」と頼まれた時に困らないよう、それぞれの書留の料金や出し方、書き方、追跡機能など、書留の使い方について … 新型コロナウイルス の感染拡大を踏まえ、日本郵便は、緊急事態宣言が出された7つの都府県では書留郵便物などを対面の手渡しでは….