私どもが運営するオムソーリサービスにおいても、こういった自分自身と向き合う取り組みのひとつとして、「自分の取扱説明書(以下、取説)」の作成があります。 どーも!小太りです! 突然ですが、自分のことを理解していますか? 人間って、自分のことを客観視することが苦手です。 他人の悩みを聞いていて「こうすればいいじゃん」と解決策が浮かんでくるのに、自分のことになったら全然わからないということありませんか? 『私の取扱説明書』をつくろう! 私の取扱説明書とは、広告代理店に内定が決まった私が 実際に作っていた『面接では伝えきれない自分の魅力をさらに伝えるためのツール』です! 就活中、面接や企業説明会、交流会などで必ずと言ってもいいほど持ち歩いていました。 各種ガイドラインにそった精度の高い取扱説明書の書き方・作成方法があります。消費者視点、行政や協会の製品表示安全ガイドラインなど沿って、製品の説明不足を防ぐ【取扱説明書の15構成要件】と【取扱説明書の表記項目〈約200項〉】を定格しました。 上記の結果を元に自分の「 取扱説明書 」を作成 します。 まとめると、下記の通りですね。 ひとりにならない(孤立しない) 常に人と接する環境に身を置く; 明るさを妨げるものを排除する; 批判的な人と付き合わない 「動くフェーズ」と「集中するフェーズ」を作る; 意識的に「考える時間� こんにちは、マレーシア在住のrAiです。 タイトル通りこちらのブログのテーマは 「自分の取扱説明書」 。。。をまさに日々作成中というお話です。 取扱説明書 このトリセツは 、発達障害のある方ご本人や保護者の方が、ご自 身やお子さんの特性と困りごとについて周囲に説明し、職場や学 校などでできる具体的な対策について相談するためのものです。 発達障害といっても、一人ひとりの特性や困りごとはさまざま。 自分に合った対策を 『私の取扱説明書』をつくろう! 私の取扱説明書とは、広告代理店に内定が決まった私が 実際に作っていた『面接では伝えきれない自分の魅力をさらに伝えるためのツール』です! 就活中、面接や企業説明会、交流会などで必ずと言ってもいいほど持ち歩いていました。 【自分の取扱説明書作成中】~海外に出て気づけた日々を楽しく過ごすコツ②~ の続きです .